メリットデメリット

合宿免許で取得できる免許の種類は普通免許は確実ですが学校によって異なります。自動二輪、特殊免許、二種免許と取得できほとんどの免許を合宿免許で取得できます。免許取得は通いの自動車学校のように自宅近くでなくてもよく、宿泊施設もあるので好きな地域で取得できます。

合宿免許でのデメリットは仕事をしている人はまとまった休みを取るのが難しく合宿免許で取るのが難しい所です。合宿免許の路上コースは比較的地方で広めの道路の場合実際普段運転する道路と違い戸惑う事があるかもしれませんが、慣れの問題なのであまりデメリットになりません。講習の進み具合によっては追加講習になってしまう事があり、そうすると宿泊施設に泊まらなくてはならなくなり宿泊料が追加されます。

メリットは期間が短くて済むので夏休みや春休みなど学生が長期休暇中に取得する事が出来ます。料金も普通に取るより安く約20万円前後です。長期休暇期間など時期により少し高めの設定がしてある場合があります。路上講習は地元でない場合は色々な道を経験できて、運転になれることが出来ます。合宿も基本的に土日は休みなので、観光やレジャー施設の近くの合宿であれば遊びに行けるチャンスがあります。

教習所の種類

一口に自動車教習所と言ってもその中に3通りあります。公安委員会から指定を受けた指定自動車教習所です。指定自動車教習所で卒業した場合は、運転免許試験の技能講習が免除になります。公安委員会に指定されていない届出を出している届出自動車教習所はほぼ指定自動車教習所と同じですが運転免許申請の前に技能講習があります。もう一つは公安委員会の指定を受けていない指定外自動車教習所です。こちらは公安の指導が無い為合格する為に最短のカリキュラムを組んでくれます。

何らかの理由で免許取り消しになったなど一度運転を経験したことがある方に向いています。講習自体は最短で済みますが本免の後に公認自動車講習所で講習を受けなくてはなりません。費用自体は指定外教習所が一番安く済みますが、講習が延長したりすると料金が発生します。どこの教習所でも講習を受ける事が出来ますが、自宅から通う事や自動車学校から出ている無料バスの通路などを考えると自宅や職場、学校から近い所がベストです。

どうしても通うのが難しく、集中して短期間で済ませる方が合宿で運転免許を取得します。宿泊料金や食事もついて格安の値段で短期で免許取得が出来ます。運営会社は自動車学校など様々です。

運転免許種類

運転免許には第一種免許と第二種免許があります。一種免許には大型免許、中型免許、普通免許、大型特殊免許、大型二輪免許、普通二輪免許、小型特殊免許、原付免許があります。第二種免許は大型特殊第二種免許、普通第二種免許、中型第二種免許、大型第二種免許、けん引第二種免許になります。第二種免許は簡単に言うとバス運転手やタクシー運転手が持って居る免許になります。第一種免許取得後に取る免許です。

車を運転する人がすべての免許を持って居なくとも運転できます。一般の普通自動車や軽自動車であれば普通免許を持って居れば運転する事が出来ます。取得には一つは自動車教習所に通う方法です。学校に入学して学科や技能授業を受け仮免許試験、路上練習、卒業試験、免許取得という流れになります。取得期間は最短でも2か月でミッションとオートマで技能講習時間が少し違うので若干の差があります。仮免や本免試験を受けるには教官の見極めがないと試験を受ける事が出来ず、追加講習になってしまいます。最初に受けた学科から9カ月以内に免許を取得しなくてはなりません9か月を過ぎてしまうとまた一から取り直さなくてはなりません。

もう一つの方法として合宿免許があります。普通最短で2か月かかる免許取得をオートマ免許で約2週間、ミッションで3週間で取得する事が出来ます。自宅から通うわけではなく自動車学校が指定した宿舎で宿泊しながらの勉強になり、集中して習得する事が出来ます。短期間で取得する事が出来る合宿免許のメリットや取れる免許の種類など紹介します。